ビルなどの建物の存在感を切文字看板でアピールするならチャンネル文字が効果的

ビルなどの建物の存在感を切文字看板でアピールするならチャンネル文字が効果的

ビルの入り口やオフィスに入り口など、切文字看板を設置することで目印になる同時にオシャレな看板でアピールできるなどの魅力があります。
切り文字とは、素材を形のとおりに切り抜いたものになるのですが、これを看板に貼り付けてデザインを行うことで立体的な案内板を作ることができます。
サイン業界の中ではチャンネル文字と呼ぶ特殊な切文字看板への人気が集まっているのですが、街中で見ることがある壁面から突出したお店の名称やブランドロゴなど、これらの文字が立体的なサインであり、その中でも溝がある箱型のサインです。
ちなみに、チャンネルは色々な意味がありますが、水路や海峡を示す言葉でここから派生して誕生した溝が由来していて、厚みのある文字の中に溝(チャンネル)があるのが特徴です。
文字だけが壁面から浮き出すなどの特徴がチャンネル文字にあるため、視覚的に名称および伝えたい内容を平面では表現することができない表現力があり、より強い印象を与える効果を期待できます。

切文字看板に適しているカルプ文字の特徴や魅力

切文字看板でよく使われるのがカルプ文字と呼ばれるものです。
別名チャンネル文字とも呼ばれます。
これは低発砲ウレタン樹脂が原材料であり、少し硬めのスポンジのような手触りです。
これに貼り合わせ板を接着するとカルプボードができ、これを切り抜いて作ります。
厚みを持たせるために中に挟む素材はさまざまです。
アクリルや塩化ビニール、アルミ複合材などが中の素材になります。
耐水性があるので、屋外に設置するのにも安心です。
さらに耐久性も高く衝撃に強いです。
厚みがあるのに軽く、設置するのに労力がかからない点もメリットと言えます。
カルプ文字は切断面が美しく、切文字看板に向いています。
立体的な見え方をするのも特徴的です。
表面をアクリル板にしたり塗装したりすることで、よりいっそう屋外向きの看板になり得ます。
はっきりとした綺麗な文字は見た目もおしゃれです。
複雑な形状の文字にもカットできるので、英字や漢字の店名にも使えます。

切文字看板に関する情報サイト
切文字看板の情報サイト

このサイトでは、切文字看板に関する情報をご紹介しています。読んでみたらすぐに使ってみたくなるかもしれない、切文字の看板の初心者にとってためになる知識も、このサイトでは詳しく解説しています。ビルなどの建物の存在感を切文字の看板でアピールしたいならば、チャンネル文字を使うのが効果的な方法であることも、このサイトを読めば知ることができます。見た目を美しく見せる切文字の看板を作りたい場合には、アクリル切文字を使うほうが良いという情報もご紹介しています。

Search