読んでみたらすぐに使ってみたくなるかも?切文字看板の初心者のためになる知識を詳しく解説

このサイトでは、切文字看板に関する情報をご紹介しています。
読んでみたらすぐに使ってみたくなるかもしれない、切文字の看板の初心者にとってためになる知識も、このサイトでは詳しく解説しています。
ビルなどの建物の存在感を切文字の看板でアピールしたいならば、チャンネル文字を使うのが効果的な方法であることも、このサイトを読めば知ることができます。
見た目を美しく見せる切文字の看板を作りたい場合には、アクリル切文字を使うほうが良いという情報もご紹介しています。

読んでみたらすぐに使ってみたくなるかも?切文字看板の初心者のためになる知識を詳しく解説

切文字看板の初心者は、切文字看板に関する基本的な知識を勉強すれば、この種類の看板のことに詳しくなれます。
切文字看板と通常の看板の大きな違いは、看板の形です。
普通の看板は四角形や丸型のものが多いですが、切文字看板は文字の形に加工されているのが特徴です。
そのために複数のものを一緒に使用すれば、会社の名前にすることもできます。
商品の名前も、複数の切文字看板を使って作ることができます。
素材にはアルミやステンレスなどが使われています。

切文字看板とはアクリルなどを文字の形に切り抜いて取り付ける看板のこと

切文字看板はその名の通りアクリルなどの板材を文字の形に切り抜いて取り付ける看板であり、使用される板材は金属板やシート材、木材などが用いられており、NCルーターと呼ばれるドリルのような刃を回転させて切断し製作を行う方法と、シート材などはNCレーザーといったレーザー光によって切断し製作を行う方法が用いられています。
切文字は板材の厚みがそのまま文字の厚みとなる特徴があり、角をカット・丸みを着けることによって立体感をより強調させることができます。
ただその効果は文字の書体により持ち味が異なり、単色の場合は文字判読性が悪くなってしまう可能性が高いので、側面を取付壁面と同色にするなど工夫することで、視認性を高めることができます。
切文字看板には様々な素材が使用されており、特に耐食性が高く高級感の高いステンレスは光沢感を出す鏡面仕上げと、つや消し効果で落ち着いた雰囲気を出すヘアラインといった表面仕上で雰囲気が大きく変わります。

切文字看板の特徴は取り付け方に変化を付けることで外観が美しく見える

看板には今では、色んなスタイルが存在する時代となりました。
以前は単なる商業施設などのサービスを文字で描くのみでしたが、いまでは立体的な切文字看板が人気となっており、集客アップにも繋がっているほどです。
簡単に切文字看板の概要を解説すると、おもに飲食店で利用をされているのが特徴になります。
レーザー加工によって文字を描いており、アルミ複合板を用いるのが基本です。
高性能な産業用レーザーで真ん中をくり抜くことで、透かし彫りをした切文字看板となるわけです。
見た目を活かした取り付け方を実施することも重要で、外観の美しさを強調した設置をされます。
切文字看板では真ん中が空洞という特徴を生かして、大半は斜めに設置をするのもポイントです。
もしラーメン店で活用をするのであれば、屋根の真上ではなく、軒先に傾斜を付けて取り付けるのが理想的な方法となります。
制作会社が取付業務も担当をするので、その点を考慮した制作となるわけです。

切文字看板は取り付ける場所によって出てくる効果が異なる

看板というと、単なる表札ではなくなりました。
いまでは集客ツールというスタイルが基本で、試行錯誤を組み込んだアイデアの集まりといっても過言ではありません。
2000年以降、都心部の飲食店でよく目にするようになったものは、切文字看板というものです。
ラーメン店や串カツ店で採用をされており、屋号を切り文字で表現をされているのがポイントです。
簡単に切文字看板の効果を述べると、設置する場所で見え方が異なるところになります。
以前は屋根の上に設けるのが基本でしたが、切文字看板の場合なら軒先に斜めに取り付けるのが基本です。
効果は道行く人々が自然に見上げるようになるため、視覚に訴えかけることができます。
軒先から斜め45度の角度だと、落ちそうで落ちないうえに、文字がはっきりと読み取れて何を提供するお店なのかをすぐに把握をすることが可能です。
切文字看板の特性を最大限にいかしたもので、異なったスタイルを作ることもできます。

切文字看板にはいくつかの種類がある

切文字看板には、ステンレス・アクリル・アルミ・カッティングシートなどといったいくつかの種類があり、それぞれで特徴やメリットも異なります。
ステンレスは耐食性の高さや高級感があり、クロムと酸素の化合物が不動態被膜を形成することから、錆びにくいのが大きな特徴となっています。
アクリルは透過性と耐久性に優れ、アクリル板を切り出して製作する切文字看板は表面と切り口が同色になるので、側面から見ても見栄えが損なわれることはありません。
アルミは軽さや耐食性に優れており、軽さと加工のしやすさという点ではステンレスを上回るほどの素材といえます。
多くの加工法が使えることからさまざまな形に加工でき、錆びにくく耐候性もあるので屋外でもよく使用されています。
カッティングシートシートはガラス面の装飾に適しており、厚みはありませんが薄く柔らかい素材であることから簡単に加工することができるため、窓やシャッターなどのさまざまな場所に貼り付けることができます。

切文字看板に関する情報サイト
切文字看板の情報サイト

このサイトでは、切文字看板に関する情報をご紹介しています。読んでみたらすぐに使ってみたくなるかもしれない、切文字の看板の初心者にとってためになる知識も、このサイトでは詳しく解説しています。ビルなどの建物の存在感を切文字の看板でアピールしたいならば、チャンネル文字を使うのが効果的な方法であることも、このサイトを読めば知ることができます。見た目を美しく見せる切文字の看板を作りたい場合には、アクリル切文字を使うほうが良いという情報もご紹介しています。

Search